知らなきゃ損!車の査定アップ術

車を査定に出す前にやっておきたいことと、やってはいけないこと

車の査定金額は、その車自体の人気と、年式、走行距離や見た目の程度、そして修復歴などが大きく影響しますが、これらはすぐにどうこうできるものではありません。

 

そのような基本的な部分はさておき、少しでも査定金額をアップさせる為に、是非やっておきたいことがあります。

 

それは、車内のクリーニングです。外観はよく洗車している場合でも、足元やシートが汚れていたり、染みがあるような場合や、何かの臭いがするような状態では査定のマイナスに繋がってしまいます。

 

小型の掃除機で車内のゴミを徹底的に吸っておくのはもちろん、シミについてもホームセンターで売っているような市販品で構わないので、専用のクリーナーを使ってできる限り落としておきましょう。掃除を行った後には脱臭剤を使うのも忘れないようにしてください。

 

そして、外観に傷がある場合、小さいものはそのままにしておいた方がいいでしょう。無理に自分で修理をして、余計に目立つようになってしまっては大変です。また、これについては業者に修理に出すこともおすすめしません。

 

小さな傷でも業者に依頼をすると、修理に数万円が掛かります。その分まで査定がアップすることはまずないので、傷が付いたままにしておいた方が得だということになるからです。

 

車内の清掃は自分ですぐにでもできることなので、査定師に見てもらう前に必ず行うようにしてください。これをきちんとやっておくのと何もやらないのでは、数万円も査定金額が変わることさえあります。たかが掃除とはいえ、決して馬鹿にはできません。

更新履歴